リフレックスなガイドを目標に

おなかの脂肪を落とすドローイング

投稿日 2014年3月31日 1:32 AM | 投稿者 kojiharufan

おなかの脂肪は油断するとすぐについてしまいます。ちょっと食べ過ぎた、飲みすぎたというだけですぐにぶよぶよです。

本当は筋トレや次の日の食事でリセットできればいいのですが、忘年会や送別会などが続くシーズンだとそれもままなりません。だから私は日常生活の中で手軽に取り入れられる方法で腹筋をつける努力をするようにしています。

その方法は「ドローイング」というものです。

腹横筋を鍛えられる腹式呼吸を利用したもので、基本のやり方は「立った状態で腹式呼吸をしておなかをへこませた状態をキープする」という単純なものです。

最初はお腹をへこませて五秒キープ、慣れてきたら三十秒キープしていくと腹筋が使われているのが実感できます。ただお腹をへこませるだけですが、これが三十秒となると意外ときついものなのです。

またおなかをへこませるだけという単純な動作ですが、呼吸法を工夫することによって腹筋により負荷をかけることもできます。道具を使わずにトレーニング量をコントロールできるという点でもその手軽さは他のダイエットや筋トレに比べて圧倒的だと思います。

ドローイングは家でも外でもどこでもできるトレーニングです信号やエレベーターを待っている時間、家で食器を洗っている時間など私たちの生活には何も考えずに立っている時間が意外と多いことがわかります。

その隙間時間を利用して効率よく、手軽にできるトレーニングがドローイングで、こちらのページに詳しく書かれていますし、極端な食事制限もハードな運動もできないという方にもおすすめのおなかの脂肪対策です。

カテゴリー 未分類 | コメントは受け付けていません。

青汁もアレンジ次第で美味しくなる!

投稿日 2013年9月29日 10:53 PM | 投稿者 kojiharufan

今や健康志向の方にとっても一般の方にとっても、青汁という存在はすでに当たり前のようになっています。

少し前ですとそれほど定着していませんでしたが、CMや雑誌、様々なメディアで取り上げられるようになったおかげなのか、誰でも一度は青汁という言葉を耳にしたことがあると思います。ですが実際に飲み続けているという人はそれほど多くないようです。私も何度か飲んだことがありますが、そのまま飲むのは少し躊躇してしまう独特のクセがあります。

一番最初に飲んだときはかなり青臭く、口の中や喉の奥に残る後味が強烈だったのを覚えています。その後時間をあけて数年後に飲んでみて、の繰り返しですが、始めに飲んだ頃よりは飲みやすくなったもののやはり得意にはなれない味です。

ですが、そんな青汁も実はアレンジ次第でとても美味しくいただけるんです。家庭で出来るひと手間、ふた手間で青汁の効果を得られるのですから飲まない手はありません。

様々なアレンジがありますが個人的におすすめなのはやっぱりジュースです。牛乳や豆乳で割る、のではなく飲むタイプのヨーグルトと粉末の青汁を合わせるのが一押し。この二つは便秘解消に効果を発揮してくれる素材ですから、毎日のお通じがよくなりますし適度に空腹も満たされるのでダイエット中の飲み物としてもおすすめです。

でも青汁と飲むヨーグルトだけだとまだ青臭さが残ってしまう、それが気になる方にはそこへさらに果汁100%のジュースを足してみてください。りんごやオレンジ、色んなジュースがありますが少し加えるだけで驚くほど飲みやすくなります。

こちらのHPでもいろいろな青汁のアレンジ方法をたくさん紹介していましたし、まずは簡単にジュースから試してみてください。

カテゴリー 未分類 | コメントは受け付けていません。

とにかく高血圧には要注意!!

投稿日 2013年9月25日 11:03 AM | 投稿者 kojiharufan

私が朝起きて必ずすることはジョギングです。これは3年続いています。ジョギングを始めようと思ったのは本当に些細なキッカケでした。

私の職場では半月に1度のペースで健康診断があります。その健康診断で血圧が高かったのです。今まで健康診断で血圧が高かったことなんて1度もなかったので本当にビックリしてしまいました。からだサポート研究所によると血圧は140以上で高血圧とされているようですが、私は162と非常に高い血圧を記録していました。

原因は、毎日の不規則な生活だと思います。食生活はコンビニが中心、運動はほとんどしていません。これでは、高血圧になって当然のことだと思います。その健康診断を境に私はジョギングを始めることにしました。ジョギングをすることによって、代謝が高まって血圧も下がるのではないかと考えたのです。

最初のうちは、慣れない運動にかなり苦労しました。時間にしたら、10分程度しか走れなかったと思います。それが、次第に続けていくうちに長い時間走れるようになりました。

そして、半年が経ちまた健康診断になりました。血圧を測る時は非常に緊張しました。測定をしたところ、120代で正常の数値でした。ジョギングを続けてきた成果が、出たのだと実感しました。

自分の体のことですから、血圧にはこれからも気をつけていきたいと思います。

カテゴリー 未分類 | コメントは受け付けていません。

温泉に毎日入れるいい所

投稿日 2013年9月12日 12:29 PM | 投稿者 kojiharufan

仕事の関係で引越ししてきましたが、ここの一番いい所はずばり「温泉に毎日入れる」ところです。観光地として有名なのはもちろんですが、地元の人がはいれる温泉、通称「ジモ泉」が至る所にあるのです。

月極めをすれば1カ月700円という信じられないお値段で入り放題というまさに「温泉天国」なのです。最初は、温泉が熱いので慣れるのに苦労しましたが、もうすっかり慣れて本当に温まります。冷え症で、冬は特に体が冷えて布団に入ってもなかなか温まらずに困っていたのですが、温泉に入りだしてから一晩中ポカポカしています。すごい温泉効果です。

全く知らない所でしたが、この「ジモ泉」を通じて知り合いもできました。だいたい同じ時間に入りに来る人は決まっているのでいつの間にか顔見知りになるのです。温泉の中で世間話をするのも楽しいです。

美肌効果もあるようで、最近肌がちょっと白くなったように思います。お肌のハリもいいし温泉はすごいです。

家のお風呂にはほとんど入らないのでガス代の節約もばっちりできます。友人には「毎日温泉に入れて幸せね」と言われますが、全くその通りです。温泉のある毎日はいいことづくめです。仕事で移ってきたけれどこれからもずっと住みたい所です。

カテゴリー 未分類 | コメントは受け付けていません。

ヤフオクでジャニタレグッズを売買している娘

投稿日 2013年9月06日 2:14 AM | 投稿者 kojiharufan

中学生の娘がヤフオクにはまっています。彼女がそこで何を売買しているかというと、ジャニタレグッズです。特にキスマイのグッズを集めています。

先月も、キスマイのバレンタインチョコキャンペーンで盛んに利用していました。娘によると、キスマイのチョコは、セブンイレブンなどで販売されると即座に完売してしまうそうです。実際、彼女はメンバーの写真とサインのついたカード付きのチョコが欲しかったのですが、何度足を運んでもカード付きのは買えませんでした。

こうなると、友人どうしで売買するか、さもなくばネットで手に入れるしかありません。ヤフオクは中でも有力なサイトです。結局、彼女はそこでキスマイの中でも目立たない千賀君と二階堂君のカード付きの開封済みチョコを350円で落札しました。さらに、同時期のセブンイレブンで販売していたキスマイくじでの千賀君のくじも、2500円で落札しました。おめでとう!

面白いのは、ジャニタレグッズは、人気によって相場が大きく上下することで、10年ほど前人気抜群だったカトゥーン、中でも赤西君のグッズはひどい値崩れを起こしています。事務所を怒らせると、テレビにも出られないし、グッズも無価値になるのです。

娘には、早い内にキスマイのグッズを転売するようにアドバイスしています。

カテゴリー 未分類 | コメントは受け付けていません。

受験は母との二人三脚

投稿日 2013年8月21日 7:09 AM | 投稿者 kojiharufan

私が人生の中で強烈に想い出に残っているのは中学の入試、受験の想い出です。
あまり深い理由もないなかで、中学を私立に行きたいと思って塾に通いました。
勉学もそこそこといったかんじだったのですが、受験する中学校はそこそこ
偏差値の高い学校でした。
全部で3校受けることになったのですが、1日目の滑り止めに不合格し、
2日目の第一志望校も不合格ということがわかりました。
もともと負けず嫌いではあったのですが、プライドも高かった私は
2校落ちたことをきちんと受け入れることができず、母親にあたりちらしました。
そして、もう一つ残った学校の受験をしないと騒ぎ泣いたのです。
さすがに、当時通っていた塾の先生も私のことを心配したのか、私の様子を
見に、自宅までいらしてくださいました。
しかしながら、私は誰とも会いたくないとつっぱね、母親を相当困らせた
と思います。
自暴自棄になった私を根気よくなぐさめ、私を責めることなく、最終日を
迎え、試験に行かなくても良いと母が私に言いました。
しかし、私は最後の力を絞って入試に向かいました。もちろん母も一緒です。
恥ずかしかったのですが、母と手をつないで、お守りをもらって受けた
最後の中学校は無事に合格となりました。

私が人生の中で強烈に想い出に残っているのは中学の入試、受験の想い出です。あまり深い理由もないなかで、中学を私立に行きたいと思って塾に通いました。勉学もそこそこといったかんじだったのですが、受験する中学校はそこそこ偏差値の高い学校でした。

全部で3校受けることになったのですが、1日目の滑り止めに不合格し、2日目の第一志望校も不合格ということがわかりました。もともと負けず嫌いではあったのですが、プライドも高かった私は2校落ちたことをきちんと受け入れることができず、母親にあたりちらしました。

そして、もう一つ残った学校の受験をしないと騒ぎ泣いたのです。さすがに、当時通っていた塾の先生も私のことを心配したのか、私の様子を見に、自宅までいらしてくださいました。しかしながら、私は誰とも会いたくないとつっぱね、母親を相当困らせたと思います。

自暴自棄になった私を根気よくなぐさめ、私を責めることなく、最終日を迎え、試験に行かなくても良いと母が私に言いました。しかし、私は最後の力を絞って入試に向かいました。もちろん母も一緒です。

恥ずかしかったのですが、母と手をつないで、お守りをもらって受けた最後の中学校は無事に合格となりました。

カテゴリー 未分類 | コメントは受け付けていません。


メインナビゲーション

フィード

カテゴリー

アーカイブ

ブログロール

管理者ページ